介護業界での採用面接で注意したいこと

採用面接での注意事項は?

しっかりと準備をすれば自信になる

面接のチェックポイント

業界によって欲しい人材が変わるのは当然なので、業界によって受けの良い面接というのも存在しています。介護業界には介護業界特有のポイントがあるため、面接前にぜひチェックしておきましょう。未経験で初めての人はもちろん、経験のある人も面接は何度やっても緊張してしまうはずです。緊張を抑えるには十分に自分は準備してきたという自信が最も効く特効薬になるので、事前の準備と心構えについてしっかりと確認して臨みましょう。

面接前の準備

まずは面接前で慌てるとその雰囲気は面接本番でも出てしまうものです。そのためしっかりと面接の前にできる準備は終わらせて当日を迎えることを心がけることが大切です。まずは、面接当日に持っていくものは事前に全てチェックしておきます。面接当日に持っていくものは履歴書と職務経歴書など指定されている書類です。これらはファイルに入れておきます。そして面接場所の地図と電話番号もすぐに確認できるように準備します。今はスマホで大体のことは解決しますが、スマホに何かあった時のために電話番号と地図は別で用意しておきます。そして筆記用具とメモと印鑑といったものも、必要な持ち物と明記されていなくても念のため持っていくと好印象になります。

身だしなみを整える

面接当日は身だしなみもチェックされるポイントの1つです。介護業界に受けが良い身だしなみとして清潔感と誠実さを意識すると良いです。介護業界はフォーマルではなくても良いとする事業所もありますが、これは事業所によって様々なのでスーツ着用で臨みます。
女性の気をつけたい点は髪型です。髪が長い場合はヘアゴムなどでまとめてすっきりさせておきましょう。そして明るすぎる色の場合は当日だけでも落ち着いた色に戻すことをおすすめします。髪型以外にもサンダルやピンヒールといった靴は好まれないので控えましょう。男性で気をつけるべき点は短髪を意識して全体的に落ち着いた色を使うことです。髭はあまり好まれないのできれいに剃ってから臨みましょう。

成功のポイント

面接では質問の答えだけではなく雰囲気が重要視されます。同じ答えだったとしても明るくて堂々としている方が印象は良くなります。そして介護業界は高齢者と接するという職場から、はきはきとした話し方で丁寧な言葉遣いを意識すると好印象です。あくまで丁寧な言葉遣いなので正しい敬語を意識しすぎるあまり自信がないような話し方よりも、丁寧であれば問題ありませんのではきはきと話しましょう。

介護業界で企業を目指す方へ

ほぼ確実な成長市場と見込まれている介護業界で起業を考えている人を当サイトは応援しています。当サイトへのご質問などはこちらのお問い合わせ窓口までお寄せください。

介護業界で企業を目指す方へ