介護職員として働く場合は教育体制が充実したところで

教育・研修体制が充実したところを選ぼう!

百聞は一見にしかず

経験は大切

介護ビジネスを立ち上げることを考えたときに、経営者目線での考え方はもちろん大切です。しかし、これから新規参入者が増加してきて介護職員の扱いが重要視されるようになってきます。これは、どうしても同様なサービスになってしまう特性から、サービスを提供する人材次第で差がつくことからも予想できます。そのため、実際に介護職員として経験があり、働く人の気持ちが理解できる方が介護職員が働きやすい環境づくりに役に立つことがわかります。経営に目が向きがちなのは悪いことではありませんが、実際に介護職員としての経験をしておくことが役立つことは間違いありません。
では介護ビジネスを立ち上げる前に働くことを考えた場合に、どのような場所で働くと良いのかという点ですが、教育体制が整っている場所で働くと良い学びにつながることが多いはずです。

マニュアルの有無

では介護施設の教育体制が整っているかどうかを判断する基準を紹介していきます。まず1つ目はマニュアルの有無が良い判断基準となりそうです。マニュアルがあると言うと効率重視の介護施設を想像してしまうかもしれませんが、新人のことを考えた場合に自分で仕事をある程度覚えることのできるマニュアルの存在はとても大切です。介護の職場はとても忙しいことが当たり前の中で、先輩介護士が付きっきりで仕事を教えてくれるということは考え難いです。そして介護の仕事は腰への負担が大きいため、体になるべく負担をかけない介護技術などを学ぶのもマニュアルの方が親切と言えます。
このような理由から、マニュアルが無いという場合は教育体制が整っているかどうかが判断しづらいです。逆にマニュアルが存在している場合は教育体制を整える努力をしているという判断ができます。実際に働くことを考えるのであればマニュアルの存在している場所で経験をしてみることをおすすめします。

事務作業の整備に関して

2つ目に確認しておきたいことに、事務作業などの環境整備が配慮されているかという点があります。介護の仕事には事務作業は付きものですが、その事務作業の負担は意外と馬鹿になりません。そのため事務作業を効率良く処理できるように、効率化のシステムを導入しているかやタイムカードが工夫されているかなどに注目しましょう。
結果的に事務作業の効率化が図れていると、その分新人の教育に時間を取れるため教育体制を整えようという意思が見受けられます。逆に事務作業が効率化されていなければ常にバタバタとしてしまい、教育に関して疎かな職場になってしまいがちです。

介護業界で企業を目指す方へ

ほぼ確実な成長市場と見込まれている介護業界で起業を考えている人を当サイトは応援しています。当サイトへのご質問などはこちらのお問い合わせ窓口までお寄せください。

介護業界で企業を目指す方へ