介護ビジネスを起業するタイミングを考察

参入するなら今が絶好のタイミング

迷っている時間がもったいない

高齢化はどれくらい進んでいるのか?

「現在の日本は高齢化がどんどんと進んでいる」「これから超高齢社会へ入っていく」などと言われ続けていることで、高齢社会に入っていくと頭ではぼんやりと考えているかもしれません。しかし、実際に人口構造からみてどのような高齢社会になっていくのかを知っておきましょう。
まず理解しておきたいこととして、日本は世界でも前例がないスピードで高齢化が進んでいます。つまり、世界最速で高齢化が進んでいるということが言えます。併せて少子化も進んでいることを考えると一層高齢者の割合は増加していきます。予想されている数値として、2055年の日本の人口構造は65歳以上の人口が40%を超えています。これは社会保障を負担する人たちが少なくなるため、税金の負担が極端に大きくなるため消費活動に大きな影響を与えるほどの環境と言えます。

介護ビジネスの需要

このような環境になることが予想されている現在は、国の重点施策として介護ビジネスを育成するような施策が進められています。介護ビジネスを見ていくと、その事業環境は先述のような人口構造と介護保険法により、将来に渡って需要が増加していくことが簡単に想像できます。
このような状況であるにも関わらずなぜ現在は介護サービスを受けることに困っている人が大勢いるのかという問題があります。これは2000年から介護サービスが民間でも運営できるようになってから時間が経っていないことに要因があります。

現在の新規参入者

介護サービスが民間でも運営できるように定められてから時間が経っていないとはいえ、その需要から現在では新規参入者が相次いでいます。介護ビジネスは上手に運営していくと社会貢献性が高く、介護保険法に定められた価格があるため価格競争も起きず、公的な介護報酬を受けられるため安定した収益が出るといった点から経営がとても行いやすいです。このような点から現在異業種から介護へと新規参入してくる人たちが多くいます。そして、まだまだ需要の方が上回っているという点、成功モデルも確立されてきているため手探りで運営するリスクもない点から、今が新規参入する絶好のタイミングと言えます。
また、現在の動向としては通所系や訪問系の介護サービスが増加している傾向があります。これは通所系、訪問系の介護サービスは人材確保、資金などの面で事業立ち上げのハードルが低いため新規参入しやすいからです。これは、介護ビジネスの新規参入者が増えてきているという何よりの証拠と言えます。

介護業界で企業を目指す方へ

ほぼ確実な成長市場と見込まれている介護業界で起業を考えている人を当サイトは応援しています。当サイトへのご質問などはこちらのお問い合わせ窓口までお寄せください。

介護業界で企業を目指す方へ