しっかりと確認したい介護経営計画

介護事業を計画する上でのポイント!

計画を間違えなければ黒字経営は難しくない

重要なポイント

介護ビジネスは参入しやすく、需要があるとは言え闇雲に経営していてもジリ貧になることは他のビジネスと同様です。そのために意識していかなければいけないのが介護経営計画です。この計画が上手に立てることができなければ上手く経営していくのは難しいでしょう。
そのために介護経営計画に重要なポイントを紹介します。これから起業して新規参入するにしても、事業を拡大していくにしても重要なポイントです。これらをしっかりと押さえて介護ビジネスを成功させましょう。

事業所の場所

介護経営計画で重要なポイントはどこに事業所を構えるのかという点にあります。どこに施設を置いてどこを拠点にするのかで今後の事業の見通しは全然変わってきます。同じようなサービスを提供していたとしても利用者が周りに少なければ、その分利用者に多く囲まれている事業所の方がサービスを利用する人が多いのは簡単に想像がつきます。また、利用者が多い場所だったとしてもすでに他の多くの事業所があり、ライバルがとても多い場所であれば分散するためライバルが少ない方が利用者は訪れやすくなります。
このような理由から、拠点を間違えると経営を黒字にするまでの苦労が全く変わってきます。逆に拠点を良い場所に構えることができたならば黒字にするまでは比較的容易に到達することができると言えます。よって事業所の場所はとても大切なポイントとなります。

人材の確保

介護事業特有の難しさにあるのが人材の確保です。業界全体で離職率がとても高いため、人材が安定しにくいという問題があります。そのため計画の中で押さえたいポイントには人材の確保があります。
順調に顧客を抱えていってもサービスを提供するための人材がいなければ、顧客に対応することができません。そのため働きやすい職場環境へ改善することがとても大切なことになります。小さな事業所では経費を削減するために費用を低く設定してしまいがちです。職員に余裕がないと感じるのであればしっかりと求人をして人材を確保しましょう。

事務作業の効率

介護では意外にも事務の仕事に時間が大きく割かれてしまうため、事務系の作業を介護システムや介護ソフトによって時間短縮をすることが重要です。介護請求に必要な資料を簡単に作れたり、制度変更による面倒なことを覚えなおしたりといった必要がなくなります。介護請求などの資料は毎月作らなければならない事務作業ですので、この作業を時間短縮させることで別のことに時間を割くことができます。その結果としてより良いサービスを考えたり、質の高いサービスの実現をすることが簡単になると言えます。

介護業界で企業を目指す方へ

ほぼ確実な成長市場と見込まれている介護業界で起業を考えている人を当サイトは応援しています。当サイトへのご質問などはこちらのお問い合わせ窓口までお寄せください。

介護業界で企業を目指す方へ